KDDI TOMATO

日本の代表的な携帯電話キャリアのインタラクティブなキャンペーンの企画制作

Share /
Facebook
Twitter

2005年、KDDIは企業コミュニケーション施設としてKDDI Designing Studioを原宿にオープンしました。オープンを記念し、 GAS as I/FはTOMATOを起用したインスタレーションYOU-MEWHO?そしてキャンペーン thumb TALKIN’を企画、制作しました。

YOU-ME-WHO?は来場者の顔のスキャンをディスプレイを使用したインスタレーションにするというもので、その場で来場者が作品の一部になれるという企画です。 Kitsune、Trevor JacksonをDJ、 VJ としてTomatoを起用したパーティーも行いました。

KDDI DESIGNING STUDIO MOBILE MESSAGE PROJECT thumb TALKIN’ 携帯のメッセージは友人や家族の間の愛情を象徴するものです。このキャンペーンでは著名人から集められた愛に関するメッセージをリストバンドとして商品化、また一般の参加者は自らのメッセージを送信することで、TOMATOのthumb TALKIN’ HOOと名付けられたディスプレイを使用したインスタレーションに参加することができるというものです。

Thumb TALKIN’は 世界的に知られるアーティストであるTOMATOとDJ Kentaroを起用したキャンペーン。携帯電話を使用した楽しい、クリエイティブなコミュニケーションをユーザーにお楽しみいただく試みです。イベントスペースには特注大型ディスプレイを設置し、一般から寄せられたたくさんのメッセージが表示されました。